先輩からのメッセージ|店長|山地

これまでなかなか私にあった職場を見つけることが出来ず職場を転々としてきましたが、そんな中、子供を授かりこのままではダメだ!と思うようになりました。これが私のチャンスでした!

当時は、安定した保障もない居酒屋勤務をしていた私に、妻やお互いの両親へ不安や心配ばかりかけていたため、待遇もしっかりとした会社へ転職しようと一念発起しました。

大手企業に勤めていた時には、何千人ものスタッフがいる中で、会社にとっての私の存在価値が小さいことや、誰でも出来ると思える仕事にやりがいを感じることはありませんでした。

WFP での面接の際に、小西社長より「キミがやりたいと思うなら今すぐに来てほしい!」という言葉をいただき、私を必要としてくれることにやりがいを感じ、転職を決意しました。

うどん屋での経験が全くなかった私に、1 から丁寧に仕事を教えていただき、1 年半で店長という役職に就くことができました。
今では月収35万になり、家族も安心してサポートしてくれます。

WFP は「やる気」さえあれば、チャンスを与えてくれる会社だと感じています。私自身、店長というチャンスをいただいたので結果を出せるよう日々仕事に励んでいます。

実際に、店長としてプレッシャーを感じるところはありますが、これまでになかった「仕事のやりがい」を感じられるようになり、何より自己成長できることに充実感があります。

将来はWFP の新規出店などをサポートする、店舗開発の仕事をしていきたいと考えています。

入社当初は独立志望でしたが、うどん屋に限らず異業種への出店、国内・海外への出店拡大等の仕事にも携わり、新しいことにチャレンジしていきたいと感じるようになりました。

これまでの職場では、明確な目標設定を持つことが出来ませんでしたが、今は将来を思い描くことがすごく楽しみですし、「なりたい自分」を手にするために、これからも日々チャレンジを続けていこうと思います!